2016/07/23

認知症を学ぶコツ(5)

所詮、ド素人である認知症オタクの「オタク的考察」。
1人の著者が著した書籍を何冊も「教科書」として用いると、ある意味、偏りが出てくるのは仕方ありません。その点は留意しておきたいことです。

しかし、首尾一貫した治療戦略に基づく詳細な治療戦術(コウノメソッド)は、「専門家」と称する「権威」ある多数の著者によるガイドラインを遥かに凌駕する、妥協のない有効な武器となるだろうと思います。(とは言っても、100%対応可能ということはなく、治せないものは治せないようです。) 

コウノメソッドにはエビデンスがないということは河野医師自ら認めていることですが、認知症の治療にはエビデンスよりもナラティブの方がピッタリ合うようで、NBM(Narrative-based Medicine)も認めないと望むような治療成果は得られないのではという気がします。多彩な症状を呈する認知症患者(施設入所者)100人規模を一度に観ていると分かります。


コア()からの展開

何冊も認知症関連書籍を購入して独学を重ねたのですが、その拙い経験から言って上図のように、コア()となる1冊(或いは数冊)から展開して知識を拡げていく学習方法を考えました。出版された順からすると、このようにはならないのですが、「教科書」として系統立てすると概ね上図のようになるだろうと思います。

河野医師による著書
・コウノメソッドでみる認知症診療 日本医事新報社 (2012/10)
・コウノメソッドでみる認知症処方セレクション 日本医事新報社 (2013/11)
・コウノメソッドでみる 認知症Q&A 日本医事新報社 (2014/12)
・ピック病の症状と治療 ―コウノメソッドで理解する前頭側頭葉変性症 フジメディカル出版 (2013/5)
・レビー小体型認知症 即効治療マニュアル (改訂版)  フジメディカル出版; 改訂版 (2014/12)
・コウノメソッド流 臨床認知症学 日本医事新報社 (2015/10)

他の著者による書籍
・血管性認知症―遂行機能と社会適応能力の障害 ワールドプランニング (2008/06)
・老年期認知症ナビゲーター (Medical Navigator Series)  メディカルレビュー社 (2006/09)

「血管性認知症」では、4大認知症のひとつである血管性認知症をアルツハイマー型認知症(ATD)との対比で解説しており、サブタイトルに掲げた「遂行機能と社会適応能力の障害」をあますところなく説明しています。認知症を理解し、説明するにあたり、「遂行機能と社会適応能力の障害」という表現は、短い言葉で端的に認知症を言い表しており私の好きな表現です。「遂行機能の障害」は専ら中核症状、「社会適応能力の障害」は専ら周辺症状として理解することもできます。

「老年期認知症ナビゲーター」は認知症のバイブルと評されるだけあって、認知症関連のひとつの用語を見開き2頁で解説した「百科事典」です。河野先生の著作では登場することのない用語も解説されており、認知症全般にわたって広く把握するのに有用な1冊です。但し、いつも常用して「教科書」として使うことも、認知症学習のコアとなるものでもないだろうと思います。


インターネットの活用
図には示していませんが、更に何か関連することを知りたい時にはネット検索して調べるようにしています。最近覚えたテクニックなのですが、ブラウザで用語を検索する際に文字情報だけでなく画像でも検索結果を表示して見るようにしています。そこで目にとまった図を用いているHPを表示して記載内容を読みます。文字情報だけで欲しい情報に辿り着くより早く結果を得られることもあります。

ネット検索でピットしたキーワードを含む情報には、PDF形式で公開された有益なドキュメントがあります。学会誌・研究会誌等に掲載された概説や総説、レポートなどがあり認知症関連知識を深める上で欠かすことのできない記述も多数あります。

参考になったPDFは保存するようにしています。成書となってまとめられたことだけが有用な情報とは限らず、成書で表された数行の事柄が数行~数頁にわたって深く述べられていることもあり、理解を助けてくれることもあります。認知症医療は「日進月歩」で進んでおり、成書となるのを待つには遅い一面もあります。


字面を追って読むだけでいいのか? 
人はとかく、印刷物として記されたことを真実であるかのように受け止めてしまうものです。しかし、時としてそれは真実ではないことも往々にして存在するものです。唯一、真実(事実)なのは、今、目の前で見ていることだけです。

書き出して自分なりにまとめてみる。学生の頃であれば当たり前のことのようにやっていた基本です。ノートに書いて整理するのもいいですが、私の場合PowerPointに整理して書いています。デジタル情報化すること(パソコンで編集・表示すること)により、研修会などで用いることができるからです。理解して、それを他者に説明できるレベルにまで到達すれば「本物」となります。
昔、この看板を掲げた学舎で体得したこと

認知症は医療とケアの複合的事象として捉えるべきなのですが、「ケア(非薬物療法)で」と結ばれていることがあまりにも多いです。それは必ずしも間違いではないことだろうと思いますが、少なくとも医療の失敗の後始末をケアに委ねるような世間一般の趨勢だけは変えていかなければなりません。

介護報酬の切り下げに加え、人手不足もさることながら、人材不足の続く介護現場はたまったものではありません。現在は、10人中1人が痴呆症ではなく、10人中8人が認知症であり、時代の流れに応じた対応が強く求められるのです。

だから、
「進行性疾患のせいにされ続けた認知症医療でのくすりの副作用」 を、介護者がきちんと見極めて、
「認知症とお薬-絶望から希望へ-」 薬を適切に使うことの重要性を理解して、認知症治療をあきらめないことが必要なのです。