2016/05/27

介護従事者だから知っておきたいCBSとPSPS(5)

高齢者の増加に伴い、CBSPSPSはかつてないほど急増している。だから、アルツハイマー型認知症(ATD)、レビー小体型認知症(DLB)、前頭側頭型認知症(FTD)に続く「第4の認知症」がCBSPSPSである、と中坂医師は外来診療で実感しておられます。
CBSPSPSは、1万人に数人というような頻度ではないと、介護現場でさえも感じるのが現実です。
何故、調査研究と外来や介護現場での現実が乖離しているのか? それは、CBSPSPSの認知度が低いからなのでしょう。

臨床では動作歩行障害を主症状とすることから、パーキンソン病(PD)やレビー小体型認知症(DLB)と誤認されやすいと中坂医師は指摘しています。介護現場では、やはりDLBかと思ってお世話していたけれど、毎日身体介助をするうちにDLBでは説明しきれない症状に気付くこともあります。

また、初めは無動・無言で身体が硬いことから脳卒中後遺症で寝たきりかと思っていたけれど、お世話していくうちにCBSPSPSであることに気付くこともあります。医者からDLBとかPDとの診断されていても、介護者は「CBSPSPSではなかろうか」と疑ってみる(医者の言うことを鵜呑みにしない)ことも必要なのです。何故なら、患者の身体に一番触れているのは介護者なのです。


大病院の外来では画像検査で診断されてしまい、身体の診察が十分にされず、抗認知症薬やパーキンソン治療薬を投与されて悪化しやすいことも指摘されています。



CBSでもPSPSでも、典型症状が出揃うとは限らず、また症状は多彩です。昔あったアナログ式レコードプレイヤーで繊細な針がレコード盤の溝をトレースするのと同じように、身体に触れ、生活歴を丹念に訊いて拾い集め、鑑別することが重要です。

症状が進んで寝たきりとなった現在の姿からCBSPSPSだと鑑別し、過去にどのような生活歴(治療歴)があるのか遡って調べてみると、このシリーズ第4回・第5回に掲載したスライドに合致する症状が多々あることに気付きました。

















このシリーズ「介護従事者だから知っておきたいCBSPSPS」第4回・第5回に掲載した薄青色枠のスライドは、中坂先生が作成したスライドを元に体裁を編集して掲載させていただきました。原著スライドファイルの提供に深謝致します。


【参考資料】
ドクターコウノの認知症ブログ PSP掲載集約(H26.7-12

進行性核上性麻痺(PSP)診療とケアマニュアル