2016/04/26

介護従事者だから知っておきたいCBSとPSPS(2)




「医療関係者が経過と症候学的特徴を正しく認識しなおす」
これが先ず第一でしょう。家族がCBSPSPSを知っていることなどないでしょう。これは介護従事者も同様です。残念ながら、ただ素人として、「この人はCBSだ。あの人はPSPSだ」と確信をもって分かるのは、典型症状が揃ってきて介護負担が増すか、寝たきりとなってからのことです。

それともうひとつ重要なポイント:医者の診断を信じないこと。自分で確証を掴むまで様子を観察して、体に触れてみること。(多忙な医師には真似できない程の時間を費やしているのは介護者なのです。)
介護のあらゆる場面で体に触れて様子を観ているからなのです。時には横から声をかけたり、顔の前で自分の手を左右に移動させたり、上下に移動させたりして、眼球の動作を観察するのです。眼球が横方向にはいくらか動くのですが、上下方向には動かないことが分かります。
また、指やボールペンを口の前に持っていくと、吸おうとする口の動きを見ることがあります。こうして、CBSPSPSの症状の有無を確認して鑑別の「根拠」となるを収集するのです。


「患者家族の観察記録と経過観察を重要な情報として参照する」
現在に至るずっと以前はどうであったのか? 患者本人から聞き出すことは不可能ですし、家族から聞き出すこともできません(何故なら、面会に来ることがほとんどないから)。そこで、「情報提供書」から生活歴(あるいは治療歴)を調べてみます。

すると、寝たきりになるずっと以前、まだADLがしっかりしていた頃にピック症状をうかがわせる記述を見つけることがあります。また、どこかの精神科病院で遅発性統合失調症と診断されていた事例もあります。

「医療関係者が経過と症候学的特徴を正しく認識しなおす」ことによって、「患者家族の観察記録と経過観察を重要な情報として参照する」ことが極めて重要であると思います。ある神経内科専門医の経験で、大学病院で画像検査などが行われたものの的確な診断がつかず、不適切な投薬によって症状が一層悪化してしまっただけという事例もあるそうです。


「レビー関連疾患に比べて進行が速く機能予後が悪い」
お世話している立場からみて、「気の毒」のひとことに尽きます。CBSPSPSの患者(施設入所者)を最期までお世話させていただいた事例は1例もありません。何かの内科疾患で入院したのに、経管栄養となって、もう会えなくなってしまった、という事例ばかりなのです。
嚥下機能が極めて悪いことから、入院した病院で胃瘻を勧められるのでしょう。こうなると、胃瘻対応の人員不足から施設ではお世話できないのです。

「介護従事者だから知っておきたいCBSPSPSと題して掲載したこのシリーズの狙いはここにあるのです。CBSPSPSと気付いたら、可能な限りの手を打たない限り、もうお世話させていただく時間は残り少ないということです。
「この人、レビー?」と思っていたら、次第にピック症状が出てきて、それでも腑に落ちない。よくよく観察してみると、どうもヘンだ。
介助する際に体幹が後ろに反り返るようなことがある。頸部後屈も出てきた。

 こうなると、PSPSを視野に入れてみる必要があります。
 
次回に続く・・・