2016/03/28

介護施設崩壊を阻止できるのか?


不平に不満、そしてため息。「創造的」、「生産的」というポジティブな言葉とは無縁であるかのように思えるのが介護の現場です。特に要介護度が増す程、その傾向にあります。次から次に新しく介護職員が入っては辞めていく。派遣で来ていただいても、契約を更新することなく去っていく。特に、「有能でいい人だ」と思うような人が去っていく(だから、私は去ることなく残っている)。


施設入所者への身体的虐待こそないものの、残念ながら、不適切な言葉遣いによる虐待(?)があるのは事実ですし、それ以上に介護職員虐待は恒常化しているのです。


ただ、お世話するだけで済む時代ではない

現在と異なり、老人が6070歳代で天寿をまっとうしていた時代であれば、認知症患者は少なく正常加齢範囲かせいぜい軽度認知障害(MCI)くらいだったことでしょう。認知症患者が約9割(特養の場合)ともなると、認知症への適切な対応能力がより一層重要となります。



接遇や介護技能だけでは足りず、非薬物療法を第一とする従来の考え方では対処することは困難です。介護で困る状態にある入所者の存在は、他の入居者にとっても迷惑な存在でもあります。本来ならば受けられるであろう手厚い介護の機会を、その迷惑な人たちが奪っているというのが現実です。

食事、排泄、入浴、睡眠は、昔も今も変わらない生活の根幹であり、必要最低限の「お世話の内容」です。高齢化に伴い、これらのお世話に認知症が常につきまとうことが昔とは異なる介護の大変さなのです。認知症が社会問題化する以前は、呆ける前に天寿をまっとうするのが普通のことだったのです。

「ご迷惑をかけてすみません・・・」と言って下さる人も中にはいます。そういう人には、「迷惑ではありませんよ。人の助けを借りて生きることは当たり前のことなのですよ」と言うようにしています。


「手助け」が「迷惑」に変わるのは、認知症の周辺症状が元となって、介護者がストレスに感じる程の時間と労力を強いられることにあります。中核症状である記憶機能の障害は、実はあまり直接の原因ではないのです。



何が一番必要なのか・・・


それは、認知症を治せる医者。とは言っても、「認知症は医者の力だけでは治せない」ということは、様々な症状を呈する認知症患者(施設入居者)をつぶさに観ていると分かります。やはり、患者(入居者)個々の様子というのは、現場が一番良く把握しているのですが、それが必ずしも医者には伝わってはいません。このことが災いして、より一層困難な状況をつくりだしてしまっています。

 ・入居前に処方されていた薬が不適切である
 ・入居前の診断が不適切である

こういうことはよく見かけることです。入居時にはレビー小体型認知症(DLB)だとみていた人がレビーピックコンプレックス(LPC)となり、約2年後にはPSPSかもしれないと、症状が変化してくることもあるのです。それぞれのステージ(症状の変化・移行)で介護上困ることはあるのですが、何より問題なのは医療的介入がまったくないまま野放しになっていることです。

何故このようになっているのかと言うと、
 ・現場では見ているが、「こういう人をお世話するのが介護だ」と思っている
 ・有効な治療方法があることを知らない
 ・医者との橋渡し役を担う看護師が理解していない

というお粗末な認知症リテラシーが災いしているのです。




認知症急増の時代。きれいな部屋、おいしい食事、楽しいレクレーションの提供だけでは、もはや他と何の違いも特色もない、ただのありふれた介護施設であり、職員の出入り(入職と退職)だけが盛んな施設なのです。