2016/02/17

認知症と食行動異常

認知症と食行動

食事の様子をよく観ていると、認知症鑑別の根拠(手がかり)を得ることができることがあります。そもそも食事は高齢者にとっては楽しみのひとつではありますが、誤嚥、窒息などの事故に繋がりかねない危険をいつもはらんでいます。そのため、介護者は特に注意深く食事の様子を観ているのですが、それだけに認知症の症状も実は見ているのです。次にあげる食行動は、実際に介護現場で見ている事例です。




事例1-T(FTD)
【食行動】
・1品ずつ食べる
・食器を舐める
・おしぼりを食べようとする
・テーブルにこぼれた食べ物・汁物を吸う
【食行動以外】
・意味もなくニコニコしているが、介助中に急につねる


事例2-S(FTD)
【食行動】
・前席、隣席の人のお膳に手を出す(器ごと盗る、手掴みで食べ物を盗る)
【食行動以外】
・特に用件があるわけでもないのに、呼び止める


事例3-N(FTD)
【食行動】
・1品ずつ食べる
・ごはんだけ食べて、おかずは残すことが多い
【食行動以外】
 ・戯れに噛みつく
 ・おちゃらける


事例4-H(FTD)
【食行動】
・1品ずつ食べる
・ごはんだけ食べて、おかずは残すことが多い
・お茶を飲まないことが多い
【食行動以外】
 ・周囲への関心がなく、じっとしている


事例5-M(FTD)
【食行動】
・1品ずつ食べる
・ごはんだけ食べて、おかずは残すことが多い
【食行動以外】
 ・語義失語


事例6-K(SD)
【食行動】
・常に舌を出すが、全介助拒否なく食べる
【食行動以外】
 ・失語、寝たきり


事例7-T(SD)
【食行動】
・食べ物をごちゃ混ぜにする
【食行動以外】
・人前で裸になろうとする
 ・語義失語 


事例8-E(LPC)
【食行動】
・1品ずつ食べる
・早食い
・手掴みで食べる
・配膳が整うのを待たずに、すぐに手を出す
・前席、隣席の人のお膳に手を出す(器ごと盗る、手掴みで食べ物を盗る)
【食行動以外】
 ・大声での独語、暴言、放歌
 ・視線が合わない


事例9-T(LPC)
【食行動】
・お茶やおかずを床にこぼす(捨てる)
・介助を拒否する
・食欲不振
【食行動以外】
 ・幻覚、妄想
 ・暴力(つねる、唾を吐きかける)、易怒性
 ・歯車現象


事例10-I(推定AGD)
【食行動】
・お茶やおかずを床にこぼす(捨てる)
・摂食拒否
【食行動以外】
・所構わず唾を吐く、注意しても無反省


事例11-S(VD、右麻痺)
【食行動】
・1品ずつ食べる
・早食い
・半空間無視による食べ忘れ
・スプーンを使うが、手掴みで食べることもある
【食行動以外】
・弄便する
 ・失語


事例12-K(ATD、頭部外傷による左麻痺)
【食行動】
・ごはん、おかず、お茶をごちゃ混ぜにする
・ごはんだけ食べて、おかずは残すことが多い
【食行動以外】
 ・しゃべるものの、作話が多い


事例13-H(VD、右麻痺)
【食行動】
・早食い
・咽せやすい
【食行動以外】
・失語


事例14-K(VD、左麻痺)
【食行動】
・自力摂取しないが、介助には拒否なく応じる
【食行動以外】
・アパシー(?)


事例15-T(VD、右麻痺)
【食行動】
・自力摂取が進まないが、介助すれば拒否せず食べる
・手掴みで食べることもある
【食行動以外】
・失語
・弄便する


食行動は前頭葉機能に多く依存するのですから、認知症鑑別において有益な手がかりを与えてくれます。1品ずつ食べる認知症患者の大半はご飯()を1粒残さず食べるものの、おかずは残す傾向にあります。高齢者の場合、食糧事情の歴史的背景からなのか(あるいは躾によるのか)、ご飯()は粗末にすることがないようです。不思議なことに、おかずだけを1品ずつ食べてご飯()だけを残す人はほとんどいません。

ある時、町中で保護されて緊急ショートステイ利用となった人がいます。初対面で、「ピックぽいね」(前頭側頭型認知症(FTD))と感じたのですが、猛烈な勢いで食事を摂り、ご飯()だけを食べておかずには一切手をつけなかったことから、前頭側頭型認知症(FTD)だと鑑別したことがあります。勿論、この鑑別には他にFTDを支持する症状がありました。
一方、血管性認知症(VD)にも1品ずつ食べる食行動はみられます。


認知症外来の問診で、食事の様子を伝えることで認知症をきちんと診断できる医師がどれだけ居るのか分かりませんが、「1品ずつ食べる」ということは伝えてみる価値はあると思われます。
医師は診察室で食事の様子を直接見ることはないですが、患者家族(介護者)に食事の様子を聞き出すことはできます。問診(質問)で、「ごはんを1品ずつ食べることはありませんか?」と尋ねることで、前頭側頭型認知症(FTD)を疑う有効な手がかりのひとつとなり得るでしょう。

【参考】
ピック病の症状と治療 ―コウノメソッドで理解する前頭側頭葉変性症
河野 和彦 ()
フジメディカル出版









  演題     認知症は、治そうと思わないと治らない
  日時     2016314() 午前10時~午前12時 (開場 午前930)
  講師     河野 和彦先生 (名古屋フォレストクリニック 院長)
  対象     医療・介護従事者および認知症に関心がある方