2015/12/26

フロンタルアルツ

フロンタルアルツの症例

Mさんはアルツハイマー型認知症(ATD)の典型症例のような人でした。割と調子よく声かけに応じてくれて、抵抗なく介助させてもらっていました。意思疎通もまずまずといった感じで、トイレ誘導にもすんなりと従っていました。ATDにはよくあるケースで、「その場、取り繕い」が上手ですし、「元気ボケ」のイメージにピッタリでした。

ある日、私が夜勤で起床時の更衣と排泄介助をしようとすると、急に怒りだして、「殺せ~! バカ~!」などと叫き出しました。まだ覚醒直後で、たまたまご機嫌が悪かったのだろうと、その時は思いました。
それからまた、夜勤の時に同じように叫き散らすことがありました。ただ、こういう場合を十分に想定して、性急に行動を促さないように声かけをしますが、それでも「何かヘンだぞ・・・」と感じました。

「何かヘンだぞ・・・」と感じるポイント
 ・今までに聞いたことのない言葉(暴言)を発する。
 ・激しく抵抗(つねる、引っ掻く)して暴れる。

そういうことが何度かあったのですが、日中は割と調子よくやっていました。Mさんの居るフロアは私の担当ではないから時々様子を見る程度でしたが、「異常」を感じることはありませんでした。

Mさんは、歩行の時に転倒防止のために介助する程度で、あとは放っておいても何の問題はありません。まさにアルツハイマー型認知症らしく、明るく陽気なキャラクタです。
ただ、年のせいもあり、1年前に比べると食事に時間がかかるようになってきました。だから、食事の半ばからは介助が必要になりました。

日中の状況
 ・昼夜逆転なく、夜は熟睡。当然、傾眠なし。
 ・集団生活で問題となる行動はなく、見守りがあれば十分。
 ・歌を聴かせると、喜んで手拍子している極めて明るいキャラクタ。
 ・総じて職員の誰からも好かれる性格。

食事の状況
 ・集中力が切れるのか、途中で食べなくなる。
 ・食物を弄び、ごちゃ混ぜにする。
 ・介助して食べさせようとすると、口をすぼめる。
 ・食後に歯磨き介助すると、頑なに嫌がって抵抗する、暴言を吐く。

会話の状況
 ・「ご飯、食べましたか?」 → 「食べたよ」      (以前、会話として成り立っていた)
 ・「ご飯、食べましたか?」 → 「お父ちゃんがいいよ」  (現在、話しがチンプンカンプン)


フロンタルアルツなのだろうと思いました。フロンタルアルツというのは、前頭葉症状の強いアルツハイマー型認知症のことです。通常、ATDといえば、海馬萎縮、頭頂葉萎縮があるのですが、障害を受ける脳の部位が前頭葉にもみられる場合を特にフロンタルアルツと言います。

ヘンだと思ってもCTを撮るわけにもいかず、症状だけからでフロンタルアルツと鑑別するしかありません。4年前も、3年前も、1年前もATDとみておけばよかったのですが、今は明らかに周辺症状が変わってきました。


介護者にとって重要なこと
 ・診断に迷うより症状を診て、先ずは困っている症状を抑える。
 ・診断して、途中で診断名を変えても構わない。

ということを教えてくれた症例でした。

このMさんが、もしアリセプトを服用しているのであれば、即刻中止する。5日程度経てからレミニールに変える。易怒性があることは否定できない状況になってきているので、ウィンタミン服用も視野に入れておく(今のところ、介護で迷惑に感じることも、集団生活に支障をきたすレベルではない)。認知症では、DO処方(前回と同じ繰り返し処方)というのが必ずしも適切な選択とは限らないということも覚えておきたいです。
自分の親であれば、フェルガードを飲ませることは言うまでもない。


【蛇足】心に残る暴言集
日々、介護現場では上述のような暴言に耐えながら介護しているのです。以下は私の遭遇した暴言の事例です。
 ・この腐れオヤジ! 要らないコトするな!!  (自分自身もそう思う)
 ・人を荷物のように手荒く扱う!  (たしかに仰る通りです、すみません)
 ・バカ、バカ、バァーカ!  (事実だと思う)
 ・山に捨ててやる!  (うっ! 捨てられたのは貴方でしょ!)
 ・チン○、ちょんぎってやる!  (あら、いやだぁ~!)