2015/12/10

抗認知症薬は適量を使いましょう


現代書林発行 2015年
「認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいる」というのは、決して落語の話ではない。そんなおかしな話があるのが今の認知症医療の現状なのだ。
本書は今の認知症医療(診断と処方)が抱えるさまざまな問題点を、町医者(長尾)と介護ライター(東田)の立場から実証的に列挙し、改善するための方法論を提言している。

認知症には、「アルツハイマー型」「レビー小体型」「前頭側頭型」「脳血管性」の4大認知症があり、それぞれ症状も違えば処方も異なる。これをあまり知らない医者や専門家が治療に当たっていることが認知症医療の第一の問題である。「病型」や「症状」を知らなければ誤診をする可能性は大いにあるし、処方を間違える場合もあるのは当然だ。認知症と見れば、「とりあえずアルツハイマー」と診断する医者も少なくないというから恐ろしい。

(上記は、同書より転記引用)  


こういう恐ろしい現実を毎日のように観ていると、こんなことも書きたくなる。



リバスタッチ過剰投与の症例
今年の夏、ある老人(女性)がショートステイで1泊2日滞在しました。私がデイサービスに勤務していた時にお世話した人でした。脳卒中後遺症で左麻痺があります。「認知症だね」と鑑別するには程遠いようなおとなしくてしっかりとした人でした。

ただ、アパシーかうつ状態なのだろうという程度の活気のなさと、少し暗い雰囲気はありました。家族介護で在宅生活だったのですが、介護力はあまりないようでした。部屋はゴミだらけで足の踏み場もなく、布団は汚れ湿っぽいままでした。

小さな声ながらも、きちんとした言葉遣いで話しができました。外出はデイサービスに通うときくらいでしたから、送迎の際には遠回りして海を見せたり、山の展望台から街の景色を見せて喜んでもらいました。お父様は軍人で、佐世保基地配属。将校だったそうで、それなりに躾教育がちゃんとされていたとのことでした。ドライブの最中、同じ昔話を何度も聞いたのですが、アルツハイマー型認知症らしさも感じないでいました。

それから5年くらい経て、家庭の急な事情ということで、ショートステイ利用で再会となりました。車椅子にシートベルト(身体拘束)。急に立ち上がったり、前傾になって車椅子から落ちるなどの事故が絶えないとのことです。どうしたことかと観察していたら、
 ・テーブルにある物には何でも手を出す
 ・「ジャンケンポン」と刺激を与えると、即座に手を出す
 ・急に怒り出し、ケロリと穏やかになる
 ・とにかく多動で、片時もじっとしていない

ということが分かりました。


以前に比べると活気に満ち溢れてはいるものの、どことなく「ピックぽさ」を感じたのでした。残念ながら、時間の都合で確証を掴むことはできませんでしたが、重大な事実がありました

 リバスタッチ18mg

小さな体なのに、これは過量でしょ! 上記に挙げた症状が腑に落ちました。リバスタッチは多くても9mgまで。体重を考慮すると4.5mgでもちょうど良いのかも知れません。
以前みていたアパシーかうつ状態のような活気のなさは見る影もなく、元気がありすぎ! 実は、「元気」ではなく、副作用による興奮なのです。
1泊2日の滞在を事故なく終えて帰りましたが、その後どういう暮らしをしているのか分かりません。


現場ではこういう調査研究報告が既に出ていて、過剰投与の問題は指摘されています。
高齢者認知症患者における薬物療法における治療効果の 実態把握に係る研究に関する研究

誰かが正面切って言い出さないと、もう何にもできない状況に陥っているのでしょう。既成事実に対してそれが適切ではないと分かっていても、それを「No」と言えないのは困る!
抗認知症薬の添付文書にある用法容量規定(増量規定)を、医者の処方の「さじ加減」を認めず認知症医療を誤らせる実質的な増量強制であると批判的に取り上げ、「一般社団法人抗認知症薬の適量処方を実現する会(代表理事・長尾和宏)を設立した趣意と、今後の認知症医療に法人が果たすべき役割を宣言し、多くの医者が参加することを呼び掛けている。