2015/11/24

抗認知症薬の適量処方を実現する会 開催される

「抗認知症薬の適量処方を実現する会」設立総会が東京で開催されましたので行ってきました。
全国ネットのテレビ局はTBS、テレビ朝日、NHK。プレスは共同通信、その他。認知症急増が必至である今日の状況にしてはあまりにも少ない報道陣の数にがっかりしました。

STAP細胞論文ねつ造事件以上に重大なことなのに、少なすぎるメディアの注目度。我が国でかつて生じた薬害事件を遙かに凌ぐ規模であるにもかかわらず、一体何をしているのだろうか?

23日、専門医らが設立した団体によりますと、現在、国内で認知症の進行を抑える薬は4種類承認されていて、いずれも少量から始め、最大4倍程度まで増やすことが可能と規定されています。しかし、「適量に個人差があり、規定通りに投与すると患者が興奮したり怒りっぽくなるなどの副作用の恐れがある」ということです。団体は、全国の医師や患者家族から副作用とみられる実例を集め、来年の夏までに調査を取りまとめる予定です。


認知症治療薬の処方量、現場の声集め提言 医師ら新団体設立
次の記事は日本経済新聞より。これは、共同通信が配信元で報じた記事です。
高齢者医療に携わる医師らがつくった「抗認知症薬の適量処方を実現する会」(兵庫県尼崎市)が23日、東京都内で設立総会を開いた。代表の長尾和宏医師は、徐々に量を増やして使わなければならないという認知症の薬の規定について「規定通りだと症状が悪くなるケースがある。現場から情報を集めて調査研究し、提言していきたい」と述べた。
調査研究の結果を来年3月にも中間報告するという。総会では、薬を減らしたことで症状が良くなった患者の実例が動画で紹介された。増量によって怒りっぽくなるなどの副作用があり「製薬会社が副作用の実態を広く知らせていない」との訴えもあった。
認知症薬は4種類が承認されており、いずれも少量で始め、有効量まで増量するよう規定されている。同会によると、増量で副作用が出る場合、患者に合わせて処方量を減らす場合もあるが、診療報酬の審査で認められないことがある。〔共同〕


さすが! 報道のTBS




山東昭子参議院議員(自民党)も設立総会に名誉会長として出席。




一般社団法人「抗認知症薬の適量処方を実現する会」詳細はこちら→