2015/06/22

認知症学のススメ (5)

認知症は治らない病気であると認識してしまうと、もうどうしようもありません。あきらめというネガティブな発想が根底にある限り、有効な手立てを講じると言えば、「介護力で何とかしましょう」ということになります。これは適切な対応方法のひとつではありますが、唯一の方法ではありません。
認知症は薬の力を最大限に得つつ、介護で支えるということが必要なのです。そのためには、認知症のことを治療の視点でもっと学ぶことが大切なのです。
インターネット社会の現在、真に有益な情報はマスメディアの映像媒体や活字媒体にだけ存在するとは限らず、インターネットにもあるものです。

そのひとつに、認知症を学ぶ会があります。その中にある掲示板を拝見して驚きました。
介護者も必死になって、認知症家族のために頑張っておられるのです。頑張ってと言っても、ただ単に介護するというのではなく、治療についても頑張って学んでおられるということです。

認知症をどうやって学んだらいいのだろうかということは常々考える日々なのですが、
 ・先ずは、概要をしっかりと把握して理解すること
 ・次に、少し掘り下げて詳しく理解すること
でしょう。全体感(全容)を掴んで詳細へと展開して行くことが重要ですが、これは何も認知症に限ったことではなく、あらゆる学問にも共通することです。
現在、広く散在する認知症のことを、コウノメソッドをコアとして認知症を学ぶという方法は手堅く、実用的(実践的)な方法だと思います。そういう意味で、「医者を選べば認知症は良くなる!」(河野和彦著、東洋経済新聞社刊、2014年)は最適な本だと思います。


それから更に少し掘り下げて詳しく理解するには、「コウノメソッドでみる認知症診療」(河野和彦著、日本医事新報社社刊、2012年)を読み進めれば良いのです。

はじめは分からない言葉(用語)がたくさん出てきますが、それは構いません。「初めて」なのですから、当然のことです。
「まえがき」から「あとがぎ」までと索引を、繰り返し何度も読んで覚えて用語に慣れるのがコツです。




コウノメソッドをコアとして認知症の何を学ぶのかというと、以下に示すように抑制系薬剤で周辺症状(BPSD)をコントロールすることです。医師ではない者もこのことをできるだけ詳しく知っておく必要があるのは、認知症患者の服用する薬の種類と量を介護者が様子を観ながら調整することが最良の匙加減であるからなのです。


コウノメソッド実践医岩田先生のブログより

テレビや新聞などマスコミで認知症のことが報じられ、アルツハイマー型認知症くらいはその名が世の中に浸透してきたと言えるでしょうか。おもな認知症のタイプを挙げると下図のようになります。

介護・看護の仕事に携わる者であれば、これらの認知症のタイプと各々の特徴はしっかりと覚えておきたいものです。「4大認知症」とされるのは、ATD、VaD、DLB、FTD(ピック病)です。
基本的には、認知症は単純明解に上図のように分類できるとは限らず、いくつかのタイプが複合していることもあります。本当にATDなのかDLBなのかは、認知症患者の死後脳を病理検査してみないと分からないのです。けれど、それでは何の意味もないので、症状をみて診断するしかないのです。CT画像で診断されることもあるのですが、それはあくまでも補助的な方法なのです。



これは極めて単純化した認知症の進行具合であり深刻度の概念(イメージ)です。グラフの左端は認知症発症年齢、右端は天寿まっとうの年齢として正規化しています。希かも知れませんが、どのタイプの認知症も同じ年齢で発症して同じ年齢で死亡するとして表しています。実際には、神経変性性の疾患があると、90歳前後が寿命のようです。

やはり、FTDが一番手のかかるタイプの認知症です。次にDLBですが、ピック化したタイプ(LPC)はDLBの中でも手がかかります。DLBには後頭葉の血流低下と前頭葉の萎縮があるのですが、前頭葉の萎縮が進行したタイプです。

ATDは比較的手のかからないタイプで、抗認知症薬(アリセプト、メマリー、レミニール、イクセロンパッチ/リバスタッチ)の興奮作用が出ない程度の服用であれば、穏やかに暮らせます。

AGDとSD-NFTはまだ解明が不十分な認知症なのですが、敢えて載せました。頻度は少ないようですが、他の認知症タイプでは説明しきれない認知症高齢者がいます。例えば、90歳とか100歳というのにアタマがしっかりしていて、「まぁ~ このおばあちゃん、なんてしっかりしておられるの!?」と感心してしまうような超高齢者です。きんさん、ぎんさん姉妹のような呆け方の人達がおそらくSD-NFTなのだろうと私は思っています。(勝手な推測です)

コウノメソッドマニュアル2015年版では、「85 歳以上では ATD はぐっと減り、病理学的には SD-NFT AGD が多いが臨床ではわ からない。あまりピックの萎縮がないのに、ピックらしさのある高齢者は AGD である。少 量のウインタミンがよい。」とされています。


施設介護に携わっていると、有料老人ホームでも特養でも、概ねどのタイプの認知症患者を見ることができます。デイサービスは在宅ですから、認知症の程度は比較的軽度のことが多いです。



私が認知症になっても