2015/04/25

ショートステイから見えてきたこと

ショートステイにみる無駄と虚しい介護

最近の傾向として、数日間のショートステイ利用者(リピータ)に混じって、数週間の新規ショートステイ利用者が増えてきています。それも、とても手のかかる人ばかり。調べてみると、何処か受け入れ先の施設を見つけるまでの「つなぎ」としての利用です。


それはそれでよしとして、せめてショートステイ利用中に適切な薬物治療を見つけ出して、穏やかに暮らせるレベルにもっていくというケアプランが立てられないものでしょうか。ケアプランには大概当たり障りのない美辞麗句を並べていることが多いのであまり真剣に読みませんけど。

入院する程ではないにせよ、家庭でなく施設だとしても社会適応能力を回復させるべく適切な治療が必要なことに間違いありません。適切な治療とは、症状に合った薬の処方のことです。記憶力を良くする(中核症状への治療)こと以上に、困った周辺症状を改善することの方が重要なのです。


ただ受け入れ先を待つだけというのは、実にもったいない、まったく無為なショートステイ利用期間なのです。


あの施設でショートステイを利用すると・・・
認知症を正確に鑑別してくれる   
だから、適切な治療に繋ぐことができる!

そういうサービスがあっても良さそうなものです。


やはり前頭側頭型認知症(FTD)と鑑別した招かれざるお客

ショートステイ利用のKさん(男性)が新しく利用を始めて数週間が経過しました。見守りの目が離せない、厄介な招かれざるお客ですが、施設入所待ちだというのです。
「先入観をもって見る」という姿勢は時として思わぬ失敗に到ることもあるのですが、柔軟な思考と共に持つ先入観というのは役に立つのではないでしょうか。このKさんは、ひと目見た瞬間から、FTDなのだろうという先入観で見ていました。
 ・帽子を被り、どことなく場違いで妙な服装。
 ・話しは通じるものの、一方的に自分の思いだけを主張する。
 ・声かけに応じて座るもののソワソワして落ち着かない、じっとしていない。

びっくり眼なし、ふらつきなし、ボーっとした感じなし。「ないない尽くし」なので、アルツハイマー型認知症とも思えるのですが、私の一次鑑別はFTDでした。これはただの勘です。

それが日を追う毎にFTDの特徴が揃ってきました。
 ・急に立ち上がり、他の利用者の部屋に入り、ベッドで寝ている人に話しかける。
 ・傍らに座っている人を叩く。
 ・あたかも横に人が居るかのように大きな声で話しをする。
 ・夜中にもかかわらず、大きな声で独り言をいう。
 ・入浴を頑なに拒む。(但し、数日間の入浴拒否のあとは、おとなしく入浴した。)
 ・声かけに対して、屁理屈を並べて怒り出す。

総じて周囲への気遣い・配慮などまったくない上記のような症状から、FTDとみて間違いないでしょう。介護者はこれだけの「状況証拠」を医師にきちんと話せるようにならなければなりませんし、医師もこの話しを聞いたら前頭側頭型認知症だと診断できなければなりません。

そして、この人の場合、周辺症状への対応として、ウィンタミンを朝:4mgと夕:6mgから始めて、最大75mgまで適切な服用量を見つけ出すことです。中核症状へは、リバスタッチかレミニールを。更には、フェルガード100M。

こういう適切な治療を受けて、もしも在宅での介護力があるのなら家に帰る。帰れないのであれば、施設入所へ。だらだらと(しかも、施設職員と入所者に迷惑をかけて)ショートステイを利用しても、あまり意味のないことなのです。


 介護施設は認知症高齢者の「乳母捨て山」ではない。 

私にしてみれば、症状から認知症を鑑別する研鑽ができて勉強になるのですが、認知症に感心のない職員にしてみれば迷惑なだけの招かれざるお客に過ぎないことは言うまでもありません。因みに、私が鑑別して認知症診断の誤りと不適切な処方に気付いて指摘しても、その情報がケアマネや家族に伝わることは決してありません。



簡単に実践医につないだ症例

近所に住む老夫婦とは40年以上の近所付き合いなのですが、私の実家に遊びに来た際に、「ウチの主人が呆けてきた・・・」という話しからフェルガードを試したいということになりました。

母からその話しを聞いて、私はそのご近所さん宅に行きました。ご主人(Tさん)はこたつにちょこんと座り愛想良く私を迎えてくれました。挨拶したあとのこと・・・
 ・ピックスコア:0点
 ・レビースコア:0点
 ・「桜・ねこ・電車」テスト:2つ正解
 ・影絵テスト:×
 ・時計描画テスト:○

以上のことからアルツハイマー型認知症の初期と鑑別して、コウノメソッド実践医のところに行くように助言すると、すんなりと聞き入れてくれました。話しを色々と聞くと、「前に行った病院では、なんか薬が出たけど、どんどん増えるばかりで効果がないからやめた」とのことで、それでいてやはり、認知症の進行が気になると言うのです。

その後、受診してきたTさんの奥さんから、「良かった。あなたがやったことと同じようなことを問診された」というのです(当たり前のこと)。
それで、前医のところではどうだったのか尋ねてみると、まったく違うと奥さんは言うのです。そうだろうねと私は思いました。初診時からなのかどうかは不明なのですが、メマリー(20mg)が処方されていたのです(お薬手帳の古いのが無くて詳しい経過は確認できず)。

 初診からメマリーを出す医者は信用しない方が良いのです。 

更にその後、2回目の受診をして、「遠いので(車で30分程度かかる)、フェルガードだけにしたい」と言うのです。老夫婦2人暮らしで、子どもに連れて行ってもらうこともできず、他人の協力を得て受診するのも負担になるというのが理由です。

たしかに考えてみれば、アリセプトの効果はせいぜい10ヶ月程度なので、フェルガードだけで長期戦に対処するというのであればそれも良いかと思いました。やはり、車や公共交通機関での通院というのは、老人にとっては負担になるのです。
近くに在って、気軽に通えるコウノメソッド実践医が居る、というのが一番の理想ですね。何十年と地域に根ざした町医者(院長が2代目というところもある)でありながら、馴染みのかかりつけ医でありながら、認知症に関してはまったく当てにならないというのは実に寂しいものです。


【注記1】 「桜・ねこ・電車」テスト
長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)の4番目のテストです。
「桜・ねこ・電車」を、時間をおいてから復唱させることで、記憶能力の簡易的なチェックができます。ちょとしたゲーム感覚で遊びにも取り入れています。

【注記2】影絵テスト
下の写真のように、子どもの頃にやった影絵遊びのように、両手でキツネを作ります。ATDの場合、逆キツネができません。これも、ゲーム感覚で遊びにも取り入れています。

【注記3】時計描画テスト
時計(アナログ式)の文字盤の絵を描くことができるかどうかで、ATDの鑑別をします。
これを応用して、習字のレクレーションで四文字と左に書く自分の名前がどのくらいきちんと書けるか見ます。ATDの進行につれて構成障害も進行しますから、文字の配置が乱れてきます。数年分の習字作品を保管しておき、見比べてみると一目瞭然です。レクレーションで習字をすることがあれば、大切に保管しておきましょう。


コウノメソッド認知症専門クリニック開院

千葉県市川市に「市川フォレストクリニック」が開院する。実に頼もしくて羨ましいと思うのです。それも、どこにでもある「もの忘れ外来」ではなく、「コウノメソッド認知症専門クリニック」と言うのですから、ウチの近所にあったら真っ先に連れて行きたい。

現実的かつ極めて効果的には、全国の何処にでもあるコンビニのごとく、どこの医療機関でも当たり外れなく認知症の治療が受けられるようになることです。
医者を選べば認知症は良くなる」 このクリニックの院長は、その医者のおひとりなのだと思います。



真実を知って驚いた名曲の歌詞
とても心地よいメロディー、透き通った歌声。結婚披露宴で流れるであろうこの「LOVE IS ALL」(椎名恵)という歌。長らく曲名も誰が歌っているのかも分からず、私達夫婦で探していましたが、やっと分かりました。そして、原曲を探し出して歌詞を見て、びっくり仰天!



結婚披露宴で歌いたくなるような歌なのだけれど・・・




きれいなメロディーだけれど、原曲の意味を知らない方が良かった・・・