2015/02/26

認知症介護通信15/02/28

いよいよ3月1日(日曜日)、「第1回 認知症治療研究会」が東京品川で開催されます。
この研究会(学術集会)では、認知症の原因であるアルツハイマー病やレビー小体病、その他神経変性性疾患のメカニズムのことは話題にならないでしょう。だから、「アミロイドβタンパク」とか、「タウタンパク」という言葉も登場することはないでしょう。
また、「認知症患者の立場で暖かく見守りましょう」、「地域ぐるみで支えましょう」とか、「予防のため、進行抑制のためリハビリをしましょう」などというありきたりの言葉すら出てくることもないでしょう。

「こうやれば、認知症は治せます」という極めて現実的なことがメインテーマです。遠い将来のことではなく、「今日困っている認知症の症状を明日には解決しましょう」という、極めて現実的で実践的な学術集会となるでしょう。もし、そうでなければ、わざわざ新たな研究会(学会)を立ち上げる必要などないのですから。


翌2日(月曜日)には、同じく東京品川で、河野先生の「認知症の最高レベルの治療法についてのわかりやすいお話」という講演会があります。
どちらの会場も事前申し込みが必要なのですが、満席になっているとのことです。
「認知症は治らない」という常識が、「認知症は治せる」という常識に変わる2日間です。


認知症はアルツハイマー病やレビー小体病など様々な脳の神経変性(原因)によって生じる、遂行機能が阻害されて社会生活を営むことができなくなった症状(結果)なのです。
原因そのものを根本から治療することは残念ながら現在の医学ではできませんが、進行を抑えることはできるようになってきました。

ここで「認知症は治せる」という意味について考えてみましょう。
 ・認知症の原因である脳神経の変性そのものは病理学的に治療できない。
 ・認知症の周辺症状を改善し、穏やかな生活に戻すことができる臨床的完治はある。
 ・認知症の周辺症状を改善することによって、中核症状も改善することもある。  

さらには、
 ・中核薬の抗認知症薬だけでなく、少量の向精神薬との組み合わせ利用で効果がある。
 ・周辺症状は、中核薬の抗認知症薬を減らせば効果がある場合もある。
 ・サプリメントの併用、または単独利用でも抗認知症薬と同等の効果がある。

「認知症は治せる」ということは、奇跡でも大袈裟な表現でもありません。当たり前のこととして、これまでの認識を改めるべき時になっているのです。
ある意味、認知症とその治療は、「情報戦」と言っても過言ではないのです。しかし、その情報のほとんどは、認知症は現在の医学では治せないのだから、
 ・介護の力で何とかしましょう
 ・アルツハイマー型認知症の予防に努めましょう
 ・リハビリをしましょう
 ・地域で見守りましょう
などという情報で溢れています。これらの考え方も決して間違いではありませんが、決定的で核心を突くポイントが欠けています。「コウノメソッド」という系統立てて体系化された治療方法を積極的に利用するということです。

インターネットという強力なツールを手にした今日、これを活用して情報を得るのは手軽で便利です。けれど、情報があまりに多過ぎて逆に見えなくなることもあるものです。地方に住んでいる人には講演会に行くには時間と費用の面で不利なこともあります。
やはり、きちんとまとまりのある書籍で知識を固めて「情報武装」するのが手堅いやり方ではないでしょうか。

今回、研究会に参加されない方々には、この5冊。
 今回、講演会に参加されない一般の方々には、この4冊。
じっくり読んで認知症医療の現在を熟考して欲しいものです。ある意味、これらの書籍で述べられていることが、冒頭に紹介した集会に凝縮されているのです。

認知症医療は、まだまだ発展途上にあります。「認知症外来」を標榜している医療機関に行ったからといって、患者とその家族が望むような治療成果を得られるという保証はありません。このことは、我が国固有のことではなく、どの国でも同じでしょう。

「医者に任せておけば安心」とか、「医者の言うことを信じて」などということは患者介護者が勝手に思い込む妄想です。認知症患者自身の様子をしっかりと観て、患者介護者の話しを謙虚に聞く姿勢が強く求められているのです。認知症医療とは、そういう類の治療姿勢が肝心なのです。
医者にしっかりと情報を伝えて聞いてもらうためには、患者家族も施設介護者もしっかりと認知症とその治療方法を学ぶことが重要不可欠なのです。もし、それでもどうしよもない医者には見切りを付けて逃げ出すのが賢明な選択というものです。